若冲と祈りの美 picture(細見美術館)

美の饗宴
若冲と祈りの美

4月27日(土)~6月16日(日)
細見美術館

今春、 開館21周年を迎える細見美術館は、 新しい時代の幕開けに臨み、細見コレクションの原点、若沖と宗教美術の展覧を行います。

江戸時代絵画を代表する絵師として知られる伊藤若沖(1716 ~ 1800)。彼の精緻な彩色表現や自由闊達な水墨画風は、生きとし生けるものの姿を独自の視点で捉え、瑞々しい絵画世界を創り上げました。初期の代表作「糸瓜群虫図」をはじめ、館蔵の若沖作品の数々にその魅力を探ります。 

ー方若沖と並び、蒐集において特に情熱を傾けたのは宗教美術でした。仏像や仏画はもとより、神仏習合を物語る作品にも広く関心を寄せ、人々から祈りの心を託された諸像や荘厳具に気高い尊さを見出したのです。重要文化財「刺繍大日如来像」、同「線刻十二尊鏡像」などいずれも小品ながら、穏やかな仏の笑みは今もなお、人々に美しく生きる心の在りようを示すかのようです。 

若沖と宗教美術、両者に通じるのは表現対象に真摯に向き合い、美に昇華させた作り手の崇高な精神ではないでしょうか。自然や神仏への敬意、それを見事に造形化した日本美術の豊かさをご堪能ください。
(細見美術館リリース資料より。)

伊藤若冲
 海老図
 江戸中期
伊藤若冲
 糸瓜群虫図
 江戸中期
重要文化財
 金銅透彫尾長鳥唐草文華鬘
 鎌倉前期
重要文化財
 線刻十二尊鏡像
 平安後期

【イベント】

「美の饗宴 若冲と祈りの美」

【友の会特典】(割引)
第45回アートキューブレクチャー
伊藤若冲筆「糸瓜群虫図」を読み解く
-平安の花鳥文様から若冲まで-

  • 講師 岡野智子(当館 上席研究員)
  • 開催日時 2019年5月25日(土)午後2時~(約90分)
  • 定員 100名
    ※申込先着順。定員になり次第、受付を終了します。
  • 有料・事前申込制
  • 会費 500円 ※入館料は含まれません。
  • 【友の会特典】 300円 ※参加当日は会員証をご提示ください。

【友の会限定】
細見美術館友の会「古今」観覧DAY②
一般開館前に、ご入場・ご観覧いただけます。静かな空間で、美術鑑賞をお愉しみください。

  • 内容 自由観覧
    ※当日受付にて会員証をご提示ください。
  • 会費 無料
    ※一般同伴者(非会員)2名様まで、ご参加いただけます。なお別途入館料が必要です。
  • 開催日時 2019年
    ・5月4日(土・祝)・6月8日(土)午前9時30分~
    ※無料・事前申込制

【友の会限定】
細見美術館友の会「古今」鑑賞会① ギャラリートーク
開館前の展示室で、細見館長が展示やコレクションの楽しみ方をお話しいたします。

  • 内容 一般開館前に、ご入場・ご観覧いただけます。
    館長 細見良行によるギャラリートーク(9時30分~10時)を開催いたします。
    ※当日受付にて会員証をご提示ください。
  • 会費 無料
    ※一般同伴者(非会員)2名様まで、ご参加いただけます。なお別途参加費2,500円が必要です。
  • 日時 2019年5月31日(金) 午前9時30分~  申込期間 5月29日(水)まで
    ※申込多数の場合は、受付を締切させていただくことがあります。ご了承ください。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました